シャッターを修理するならココ|信頼できるプロに相談

施工の流れ

シャッター

シャッターの修理は、施工業者へ連絡することから始まります。その際に現状確認等の概要を把握して、担当者による現地確認が実施されます。最終的な施工見積を了承すれば、契約を結びます。指定日時に工事が行われて、完了すれば請求金額を支払います。

お手入れで長く利用する

シャッター

故障した場合は

シャッターは、細い板を何枚も連接した戸のことです。日本語では鎧戸とも呼ばれますが、一般にシャッターといえば金属製のものを指しています。主な用途は店舗などの戸のほかガレージなどに使われています。シャッターのメリットは巻き上げることで開いている状態にシャッターを収納しておくスペースが小さくて済むということです。また上部に収納するため開口部の広い場所でも利用が出来ます。一方でシャッターは可動するもので、また隣接した戸であるため長く利用するにはお手入れが必要です。お手入れの仕方としては、雨や泥、ほこりなどが付着した場合にそれらを除去することです。これらは錆の原因になりますし、ゴミが噛むことでシャッターの開閉がぎこちなくなります。この際のお手入れは、水で絞った雑巾などが適切です。強い洗剤や有機溶剤を利用すると変色や錆の原因にもなります。また金属ブラシやタワシなどは傷を付ける原因になり、そこから錆が発生する場合があります。また適度にシャッターオイルを塗布するのもポイントです。また修理しなければならない故障を招かないためにも定期的なメンテナンスを行うこともポイントで、特にスチール塗装品では再塗装することでより長く利用ができます。それでも開閉がぎこちなくなったり、また自動開閉シャッターが動かなくなった場合には修理が必要です。修理の種類としては開閉がぎこちなくなった場合には見えない場所にまで入り込んだゴミを取り除いたり、潤滑油の塗布などです。一方で自動開閉シャッターが故障した場合には、モーターやセンサーなどの修理が行われます。

安全を守る設備

倉庫

シャッターは災害や防犯に役立つ設備ですが、古くなると動きが悪くなり放置した状態になる事が多いです。そうなるとシャッターの価値が無くなるため、業者に修理を依頼して高齢者でも楽に使える電動式や、防犯性能の高いシャッターに交換しましょう。

設置タイプで相場が違う

シャッター

最近は雨戸の代わりに防犯性の高いシャッターを設置する家も増えてきており、その傾向から故障やトラブルが起こって修理が必要な家庭も増えてきています。サイズやデザインと同時に、手動式か電動式かを選択できるシャッターですが、部品なども違ってくるため修理にかかる費用も変わってきます。