シャッターを修理するならココ|信頼できるプロに相談

施工の流れ

シャッター

業者への依頼が一般的です

シャッターは、住宅の駐車スペースや商業施設の店舗区分等として広く利用されている設備です。非常に耐久性の高い構造をしていますが、壊れる可能性がない訳ではありません。構造的に適切で扱う必要があるので、修理をする際には専門業者へ依頼することが一般的です。以下では、シャッター修理の代表的な流れを紹介します。シャッターを修理する手順の第一歩は、施工業者への連絡です。電話や電子メール、FAX等のなかから、適切な方法を利用します。修理の依頼を伝えると、施工業者側は依頼者の氏名や住所、電話番号を確認してから、シャッターの現状確認が行われます。その内容の基づいて修理の緊急性が判断されますが、必要な際は自主的の申告する方が確実です。シャッターの種類等の基本的な情報は、事前に準備している方が説明がスムーズに進みます。その段階で見積の概算を伝えられる場合もありますが、最終的な費用算定には現地確認が必要です。確認のために、連作後の交渉が修了すると、担当のサービススタッフが来訪します。日程は依頼者主導で決められるので、予定を確認しておくことが大切です。担当者が現地訪問をして詳細な調査をしてから、見積額が提示されます。その内容に了承できれば、最終的な施工契約を結んで準備は終了です。契約交渉が終われば、指定した日時にシャッターの修理工事は実施されます。工事完了後に、通常は依頼者の立ち会いで確認が行われます。結果に不都合がなければ、請求金額を支払って終了です。