シャッターを修理するならココ|信頼できるプロに相談

設置タイプで相場が違う

シャッター

故障したら良く検討しよう

シャッターと聞くと店舗の入り口や自宅のガレージなどを思い浮かべますが、最近は雨戸の代わりに防犯性の高いシャッターを設置する家も増えてきています。そのため、シャッターによる故障やトラブルが起こるので、修理が必要な家庭も増えてきているのです。取り付ける際のシャッターは、サイズやデザイン以外にも、手動か電動かを選択することができます。手動は開閉に手間がかかりますが取り付け工賃は安く、機械の故障などがないので耐久性も高いのが特徴です。電動式は費用がかかりますが、スイッチひとつで開閉することができ、全部屋を開け閉めしている時間がない家庭でも非常に楽になります。しかし、機械式となるとどうしても基盤が悪くなったり、配線の問題で故障する確率も高まるので、適度に修理が必要になってきます。シャッターの修理費用は手動のタイプで、1〜3万円が相場となります。電動式の場合は点検する箇所が増えたり、部品交換などが必要になるため高くなる傾向にあります。また、修理にかんしても巻き取りシャフトやシャッターケース、チェーンなど各部位によって必要な処置があり、故障した部分は部品交換などが必要になるので、相場を超える金額になることも十分にあります。基本的に屋外に設置されることになるシャッターは、粉塵や木の葉、虫の死骸などを巻き込んでいることがあります。これらのゴミによって故障する確率は上がるため、適度に油を差したり、汚れを拭き取ってあげるなど定期的なメンテナンスをしておくと長持ちします。